JALがLCC事業に本格参入か?!

衝撃のニュースが飛び込んできました。

日本発着の格安便では初となる欧州や米本土向けを含む中長距離路線の運航を2020年にも始める。(日経新聞より)

とのことです。

また、JALがLCC会社を新設するという報道もされています。

2018年の2月に発表された「中期経営計画ローリングプラン2018」には、JALが独自のLCCの子会社を持つ旨は記載されておらず、どういう風の吹き回しか戸惑った方も多いはず。

正直僕も戸惑っています。

JALはFCS(フルサービスキャリア)としてのサービス強化に注力し続けるのだと思っていたからです。

参入するとしても既存LCCの買収かと思っていたのですが、自ら会社を作りにいくとは、、、

また、ANAが本格参入している短距離・中距離LCCではなく、欧州や米国向けという選択はどうなんでしょうか。

傍から見れば、ANAに先を越されたJALが焦って後追いをしたようにも見えますが、真相はまだわかりません。

2年後、5年後、10年後に笑っているのはJALなのかANAなのか、はたまた他社なのか、
いちJALファンとして、今後の動きに目が離せません!!

 

(以下、5月9日追記)

まだ決定事項ではないようですね。

JALも以下のように発表しています。

国際線中長距離LCCの設立については検討はしているが、現時点で決定した事実はない。(日経新聞より)

ですが、”火のないところに煙は立たない”ので、LCC参入も時間の問題でしょうか。

とにかくJALからの正式な発表を待つのみですね!

あび太郎は、スクールに通わずにエアラインに就職できるサービスを運営しています! CA・グランドスタッフを多く輩出していますので、以下サイトをチェックしてみてください!!
スポンサーリンク