【就職活動】OB訪問の”質問”は大事。就活生は質問力を鍛えよう。

OB訪問を受けていて感じるのが、質問力がある人とない人の差です。

質問力がない学生とやり取りをしているとコミュニケーションコストが増大し、

「どう答えていいかわからない/めんどくさいから後回し」

となりかねません。

 

”質問力が低い”とは、

答える側に無駄な時間/頭を使わせる質問のことです。
(=知りたい答えまでなかなかたどり着かない質問)

 

以下2つの質問を見比べて、その違いを考えてみてください。

  1. 学生A「御社の良さは〇〇だと認識しているんですが、合っていますか?」
  2. 学生B「御社の良さを教えてください。」

 

2つの質問文の違いは以下のとおりです。

まず、学生Aの質問に対しては、YES/NOでの回答が可能です。
極端な話、認識があっていればYESだけでのみで回答が済み、次の質問に時間を使うことができます。

また、質問文に自分の意見が入っていることで、回答者は学生Aがどれだけ自社のことを知っているのかをすぐに把握できます。

「この学生、結構詳しいな」と思えば、より詳しい情報を上乗せして回答できますし、
「あまり知らないんだな」と思えば、丁寧に基本的なことから教えることができます。

 

一方で、学生Bの質問は回答者が「何を話せばいいか」がわかりません。

学生Aとは違って、自社のことをどれだけ知っているか/何に関する”良さ”なのかがわからず、
結局、ネット上に転がっているようなよくある回答に終始してしまいます

 

学生Bのような質問をしていては、本当に知りたいことを聞くまでに多大な労力がかかりますし、答える側は大変面倒くさいです。

 

これは社会人でも出来ていない人が多いので、学生時代のOB訪問や学校の授業などで鍛えておくことをおすすめします。

社会人になってから上司に「結局何が知りたいの?」と言われてからでは少し手遅れです。

第一印象でコミュニケーションコストがかかると判断されると損することばかりですので。

 

あび太郎は、スクールに通わずにエアラインに就職できるサービスを運営しています! CA・グランドスタッフを多く輩出していますので、以下サイトをチェックしてみてください!!
スポンサーリンク